So-net無料ブログ作成

Aqours 1st Live

2月25日のラブライブ!サンシャイン!!の1st Live(1日目)を見てきました。(ライブビューイングですが)

結論から言うと、練りに練られたエンターテインメントに仕上がっていて、期待以上に楽しめたライブでした。
μ'sのライブからさらに1段階進化したなとも感じました。

まず、声優陣が大幅に若返りしているせいか、一人一人のエネルギー量に圧倒されました。
曜ちゃんは始まりから終わりまで元気に飛び跳ねていて可愛い、
梨子ちゃんは気迫のサプライズピアノ演奏を見事やり遂げる、
千歌ちゃんは1stLiveとは思えない堂々としたMC進行を実現する、などなど、
声優陣のポテンシャルの高さに驚かされっぱなしの4時間弱でした。

また、放送当時は賛否両論あったアニメ最終話のミュージカル演出について、
1st Liveに対する布石だったのかと、スッと腑に落ちる思いでした。

μ'sはあくまでアニメストーリーがメインで、ライブはシングルCDや劇中歌を再現する場所という
位置づけだと私は理解していました。声優陣が劇中の衣装で劇中の振り付けそのままに
歌って踊る姿を拝めるというのはそれだけで最高のパフォーマンスだと思います。

しかし、Aqoursの場合はもう一歩踏み込んで、最高のライブパフォーマンスを最初に設計し、
それをアニメストーリーに落とし込んでいるというのをはっきりと感じました。

上記のミュージカル演出然り、「想いよひとつになれ」の梨子ピアノ然りです。
また、各曲の振り付けやそれを踊る声優の起用まで高度に計算されていて、適材適所を
強く意識しているなと思います。

思えば、μ'sライブの成功は声優の努力に大きく負っていたところがあり、大きな成功と引き換えに
メンバーに無理な負担を強いてしまったところがあったと思います。

そういう意味で、Aqoursはμ'sの功績を継承しつつ反省を活かしたライブを実現するために、
μ'sとは違う、μ'sではできなかった新たな見せ方に挑戦しているんだなと思いました。

今回のライブを見て、Aqoursメンバー・スタッフのライブパフォーマンスに対する思いと努力を
感じることができたので、今後ますます応援していきたいと思います。
今度はライブ会場で観たいですね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。