So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

Aqours 4th Live

11月17日・18日のAqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~に現地参戦してきました。

会場は μ'sのファイナルライブの印象の強い東京ドーム、あの日はチケットが取れずライブビューイング参加となり、非常に悔しい思いをしました。
しかし、今回はなんと両日アリーナという奇跡のような幸運に恵まれました。コンビニでチケットを発券した時の興奮を今でも鮮明に覚えています。

アリーナ席は東京ドームの全周にわたってそそり立つスタンド席に囲まれ、しかも最も低い位置なので、無数のラブライブレードサンシャインで作り出された光の海の中心でした。
まるでプラネタリウムに来たような、優しい光に包まれる不思議な感覚でした。Aquorsメンバーから見えている景色はこういう感じなのかもしれませんね。座席間隔はキツキツなので恰幅の良い人にはつらいですが、通路をしっかり取ってあるおかげでライブ中でも大きなストレスにはなりませんでした。
そしてなによりAqoursメンバーが近い!顔が見える!!表情すら見えるぞ!!天国じゃー✧٩(ˊωˋ*)و✧

ライブは、シングルCDやアニメ曲から定番曲をピックアップした構成でした。
新曲がThank you, FRIENDS!!とNo.10の2曲しかない事情もありましたが、東京ドームという大舞台に相応しいAqoursを代表する曲たちを披露してもらえてファンとしてすごく嬉しかったです。「君のこころは輝いているかい?」「恋になりたいAQUARIUM」「HAPPY PARTY TRAIN」「青空Jumping Heart」などは何度ライブで聴いても楽しく盛り上がれる素晴らしい曲だと思います。個人的には「MY舞TONIGHT」衣装の「待ってて愛のうた」のしっとりダンスが非常にツボでした。

今回の曲目の中で一番話題になったのは1st Liveで封印された「想いよひとつになれ」です。
ラブライブのライブはアニメーションPVと声優のライブパフォーマンスとのシンクロを売りとし、特にAqoursはテレビアニメ本編のシーンとのリンクも取り込んでさらにパフォーマンスの完成度を高めるという路線でした。そうした思想であるがゆえに、梨子のピアノ演奏と不可分なこの曲をもう二度とライブで楽しむことはできない、と思っていました。
しかし今回は方針転換し、もともと梨子(逢田梨香子)の生ピアノ演奏+8人のライブパフォーマンスというアニメ本編遵守の構成から、梨子を含む9人でのライブパフォーマンスへと変更されました。

「想いよひとつになれ」は個人的にもトップレベルで大好きな曲ですし、ライブ映えするので再演してもらえたことがまず嬉しかったですが、それと同時にアニメ再現から逸脱してしまうことに若干の寂しさもあります。ただ、もうこの曲に関しては1st Liveと同じ構成では出せない以上、仕方なかったのかなと思います。3rdで披露してくれた「MIRACLE WAVE」のバック転ももう二度とできない(ファンとしても危険なパフォーマンスをもう二度とやってほしくない)ので、2回目以降は特殊演技なしでのパフォーマンス、というところが落としどころかなと思います。

この「想いよひとつになれ」の変更のことを考えていて、思い出したのはμ'sの「これからのSomeday」でした。これサムは絵里・希が未加入の7人体制時の曲なので、ライブでは7人で歌い、歌い終わってから絵里・希がこれサム衣装(if設定)で登場、という流れでした(そのあと、9人で別曲を歌う)。アニメを再現しつつライブを組み立てる、というのはなかなか難しいと思いますが、Aqoursの演出はどんどん進化しているので、劇場版曲メインになるであろう5th Liveも期待したいと思います。

5th Liveはもはやホームグラウンド感のあるメットライフドームですね。次も現地参戦したいです!チケット当たってくれ!!しゅかしゅーのマッチョっぷりを肉眼で確認したいんじゃーᕦ(ò_óˇ)ᕤ“
そういえば2nd、3rdもメットライフドームで参戦しましたが、また機会があれば書きたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Aqours 1st Live

2月25日のラブライブ!サンシャイン!!の1st Live(1日目)を見てきました。(ライブビューイングですが)

結論から言うと、練りに練られたエンターテインメントに仕上がっていて、期待以上に楽しめたライブでした。
μ'sのライブからさらに1段階進化したなとも感じました。

まず、声優陣が大幅に若返りしているせいか、一人一人のエネルギー量に圧倒されました。
曜ちゃんは始まりから終わりまで元気に飛び跳ねていて可愛い、
梨子ちゃんは気迫のサプライズピアノ演奏を見事やり遂げる、
千歌ちゃんは1stLiveとは思えない堂々としたMC進行を実現する、などなど、
声優陣のポテンシャルの高さに驚かされっぱなしの4時間弱でした。

また、放送当時は賛否両論あったアニメ最終話のミュージカル演出について、
1st Liveに対する布石だったのかと、スッと腑に落ちる思いでした。

μ'sはあくまでアニメストーリーがメインで、ライブはシングルCDや劇中歌を再現する場所という
位置づけだと私は理解していました。声優陣が劇中の衣装で劇中の振り付けそのままに
歌って踊る姿を拝めるというのはそれだけで最高のパフォーマンスだと思います。

しかし、Aqoursの場合はもう一歩踏み込んで、最高のライブパフォーマンスを最初に設計し、
それをアニメストーリーに落とし込んでいるというのをはっきりと感じました。

上記のミュージカル演出然り、「想いよひとつになれ」の梨子ピアノ然りです。
また、各曲の振り付けやそれを踊る声優の起用まで高度に計算されていて、適材適所を
強く意識しているなと思います。

思えば、μ'sライブの成功は声優の努力に大きく負っていたところがあり、大きな成功と引き換えに
メンバーに無理な負担を強いてしまったところがあったと思います。

そういう意味で、Aqoursはμ'sの功績を継承しつつ反省を活かしたライブを実現するために、
μ'sとは違う、μ'sではできなかった新たな見せ方に挑戦しているんだなと思いました。

今回のライブを見て、Aqoursメンバー・スタッフのライブパフォーマンスに対する思いと努力を
感じることができたので、今後ますます応援していきたいと思います。
今度はライブ会場で観たいですね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WF2017W-4 [模型全般]

引き続きワンダーフェスティバル2017冬で気に入った作品の写真を掲載していきます。
今回が最終回です。

5-17-09 Leopard
まりまり! (SHOW BY ROCK!!)
P2190059.JPG

5-17-09 Leopard
グレア (神撃のバハムートマナリアフレンズ)
P2190062.JPG

7-19-10 AnA-DiGi
西木野真姫・南ことり・絢瀬絵里 (ラブライブ!)
P2190068.JPG

7-03-12 ディナーチップス
クラウンピース (東方紺珠伝)
P2190072.JPG

7-09-05 八音式
Giulietta Corno (オリジナル)←一番グッと来た作品
P2190074.JPG

one
津島善子・桜内梨子 (ラブライブ!サンシャイン!!)
P2190077.JPG

8-20-16 モワノー
マリーアントワネット (Fate/Grand Order)
P2190084.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WF2017W-3 [模型全般]

引き続きワンダーフェスティバル2017冬で気に入った作品の写真を掲載していきます。

4-13-11 CtrlZ
酒呑童子 (Fate/Grand Order)
P2190050.JPG

4-15-14 R.GLATT-CC
ピスケス
P2190053.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WF2017W-2 [模型全般]

引き続きワンダーフェスティバル2017冬で気に入った作品の写真を掲載していきます。

4-16-16 nico-labo
1/12 ジャンヌ・ダルク (グランブルー・ファンタジー)
P2190047.JPG

4-16-16 nico-labo
1/10 神風 (艦隊これくしょん)
P2190048.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -