So-net無料ブログ作成

Aqours 4th Live

11月17日・18日のAqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~に現地参戦してきました。

会場は μ'sのファイナルライブの印象の強い東京ドーム、あの日はチケットが取れずライブビューイング参加となり、非常に悔しい思いをしました。
しかし、今回はなんと両日アリーナという奇跡のような幸運に恵まれました。コンビニでチケットを発券した時の興奮を今でも鮮明に覚えています。

アリーナ席は東京ドームの全周にわたってそそり立つスタンド席に囲まれ、しかも最も低い位置なので、無数のラブライブレードサンシャインで作り出された光の海の中心でした。
まるでプラネタリウムに来たような、優しい光に包まれる不思議な感覚でした。Aquorsメンバーから見えている景色はこういう感じなのかもしれませんね。座席間隔はキツキツなので恰幅の良い人にはつらいですが、通路をしっかり取ってあるおかげでライブ中でも大きなストレスにはなりませんでした。
そしてなによりAqoursメンバーが近い!顔が見える!!表情すら見えるぞ!!天国じゃー✧٩(ˊωˋ*)و✧

ライブは、シングルCDやアニメ曲から定番曲をピックアップした構成でした。
新曲がThank you, FRIENDS!!とNo.10の2曲しかない事情もありましたが、東京ドームという大舞台に相応しいAqoursを代表する曲たちを披露してもらえてファンとしてすごく嬉しかったです。「君のこころは輝いているかい?」「恋になりたいAQUARIUM」「HAPPY PARTY TRAIN」「青空Jumping Heart」などは何度ライブで聴いても楽しく盛り上がれる素晴らしい曲だと思います。個人的には「MY舞TONIGHT」衣装の「待ってて愛のうた」のしっとりダンスが非常にツボでした。

今回の曲目の中で一番話題になったのは1st Liveで封印された「想いよひとつになれ」です。
ラブライブのライブはアニメーションPVと声優のライブパフォーマンスとのシンクロを売りとし、特にAqoursはテレビアニメ本編のシーンとのリンクも取り込んでさらにパフォーマンスの完成度を高めるという路線でした。そうした思想であるがゆえに、梨子のピアノ演奏と不可分なこの曲をもう二度とライブで楽しむことはできない、と思っていました。
しかし今回は方針転換し、もともと梨子(逢田梨香子)の生ピアノ演奏+8人のライブパフォーマンスというアニメ本編遵守の構成から、梨子を含む9人でのライブパフォーマンスへと変更されました。

「想いよひとつになれ」は個人的にもトップレベルで大好きな曲ですし、ライブ映えするので再演してもらえたことがまず嬉しかったですが、それと同時にアニメ再現から逸脱してしまうことに若干の寂しさもあります。ただ、もうこの曲に関しては1st Liveと同じ構成では出せない以上、仕方なかったのかなと思います。3rdで披露してくれた「MIRACLE WAVE」のバック転ももう二度とできない(ファンとしても危険なパフォーマンスをもう二度とやってほしくない)ので、2回目以降は特殊演技なしでのパフォーマンス、というところが落としどころかなと思います。

この「想いよひとつになれ」の変更のことを考えていて、思い出したのはμ'sの「これからのSomeday」でした。これサムは絵里・希が未加入の7人体制時の曲なので、ライブでは7人で歌い、歌い終わってから絵里・希がこれサム衣装(if設定)で登場、という流れでした(そのあと、9人で別曲を歌う)。アニメを再現しつつライブを組み立てる、というのはなかなか難しいと思いますが、Aqoursの演出はどんどん進化しているので、劇場版曲メインになるであろう5th Liveも期待したいと思います。

5th Liveはもはやホームグラウンド感のあるメットライフドームですね。次も現地参戦したいです!チケット当たってくれ!!しゅかしゅーのマッチョっぷりを肉眼で確認したいんじゃーᕦ(ò_óˇ)ᕤ“
そういえば2nd、3rdもメットライフドームで参戦しましたが、また機会があれば書きたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。